読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水素で抗酸化!水素でカラダを守る

水素について調べたことを詳しく書いていきます。

抗酸化力をあげる!水素サプリメント

カラダの酸化、防ぐにはどうすればいいのか・・・?

老化、がん、生活習慣病などは活性酸素が細胞を酸化させることによって起こってしまいます。酸化を防ぐにはどうすればいいのでしょう?本来、カラダには酸化を防いでくれるシステムが備わっています。しかし、そのシステムでは追いつけなくなってしまっているのが現状です。カラダに備わっている機能、それを維持するための自分での予防・改善について考えてみましょう。

活性酸素の酸化が原因で起こる動脈硬化については、真の悪玉、活性酸素生活習慣病の本当の黒幕の項で詳しく説明をしました。あらためて、極めて簡単に説明するならば、今まで動脈硬化の原因とされてきた悪玉コレステロール(LDL)ですが、実は活性酸素による酸化が原因でそれが変性LDLになってしまうことが本当の原因であったのです。

この動脈硬化も非常に怖いものではありますが、やはり、とても恐ろしい病気の1番は「がん」ではないでしょうか?がんで死亡する人の割合は年々増加しており、今ではがんは日本人の死因の1位になっています。また、発見が遅れるほど治る確率は低くなり、早めに治療をしても再発する可能性もある、というやっかいな病気です。がんで死亡する人の割合は毎年増加傾向にあり、今後もさらに増えると考えられています。

 

がんの発症にも関わっている活性酸素

 

わたしたちのカラダは細胞でつくられていて、その細胞の遺伝子にはさまざまな役割を持ったものがあります。細胞は日常生活のなかだけで、いつも刺激や毒性物質【活性酸素など】などにさらされています。本来、刺激で傷んだ細胞は、自己回復し、元通りになる力をもっています。さらに遺伝子の中には、がん遺伝子、がん抑制遺伝子、DNA修復遺伝子といったがんに関わる遺伝子があることも分かっています。

ですが、細胞の持つ回復力をはるかに超える刺激やダメージを受けると細胞は回復できず、細胞自身が正常な働きをしなくなったり、別の働きをするようになってしまいます。
さらに、がん抑制遺伝子が活性酸素によってダメージをうけてしまうことで、がん遺伝子が活発に働いてしまったり、DNA修復遺伝子が活性酸素によって傷つけられてしまうと、がん化した遺伝子を元の状態に戻せなくなってしまい、正常な細胞までもやがて、がん細胞へと変わっていき、その細胞周辺の組織や器官までもが癌化してしまうことが分かっています。

活性酸素からカラダの酸化を防いでいくことが大切になる

わたしたちのカラダに活性酸素が及ぼす影響が段々と分かってきています。生活習慣病など病気の約9割に活性酸素が関与していると言われています。わたしたちのカラダにはこの活性酸素に対抗するシステムが備わっています。ビタミンや酵素などが活性酸素の弊害を除去してくれています。
食べ物からも摂取することができます。いわゆる、抗酸化物質(スカベンジャー)と言われるものですが、これらを摂取することで活性酸素を取り除いていくことができます。もちろん、水素、水素サプリメントをしっかり摂取し、活性酸素を取り除くことをお忘れなく。

活性酸素が原因で動脈硬化に!これはかなりキツイ!

生活習慣病の本当の黒幕・・・

過剰な活性酸素はわたしたちのカラダにさまざまな弊害をもたらします。
生活習慣病の原因・引き金とされる動脈硬化ですが、その動脈硬化の犯人は悪玉コレステロール(LDL)が非常に有名ですが、本当の黒幕は、活性酸素だったのです。

活性酸素が黒幕である動脈硬化とは一体どういったものでしょうか。

動脈硬化とは、読んで字のごとく、動脈、血管が硬くなってしまうことです。血管そのものの壁が硬くなってしまい、弾力性・しなやかさがなくなり、血管の壁も厚くなるので、血管の内側が細くなってしまいます。だんだん血管がボロボロになっていきます。
この動脈硬化は血管が硬くなってしまう場所によって3つの種類にわけられます。

①粥状硬化(じゅくじょうこうか)
胸部大動脈や冠動脈、脳動脈といった大きな血管や中くらいの太さの動脈の内側にこぶを作っていきます。このこぶは血管の内側にLDLが入り込むことでお粥のようなどろどろとした塊になってしまうのです。このこぶ・塊は粥腫と呼ばれ、「アテローム」「プラーク」とも言われます。
心臓や脳内でアテロームが大きくなり血流を止めたり、粥腫が破裂し血栓ができたりすることで、「心筋梗塞」や「脳梗塞」が起こり、また、心臓内の冠動脈で起こると「狭心症」になってしまいます。

②中膜硬化(ちゅうまくこうか)
中くらい、小さめの動脈で起こり、カルシウムが中膜に染み込み石灰化が起きます。この石灰化で血管が硬くもろくなってしまい、血管の壁が破れてしまうことさえあります。
ちなみに、血管(動脈)は、内膜、中膜、外膜、の3つの層からなっています。内膜の内側に薄い「内皮細胞」と呼ばれる血管の壁に血液が通り抜けないように守っている細胞があり、そして、中膜には「平滑筋細胞」と呼ばれる細胞が詰まっています。さらに中膜は、これら3つの層の中でもいちばん厚く、弾力性に富み、強い血圧にも耐えることができるのです。
中膜硬化は血管の内側が狭くなると言った事は起こりにくいようですが、大動脈、足の動脈、首の動脈で起こりやすいようです。

③細動脈硬化(さいどうみゃくこうか)
脳や腎臓、目の網膜と言った小さく細い末梢の動脈で起きる動脈硬化です。高血圧と深く関係があると言われており、細動脈などの動脈が硬くもろくなることで、血管の壁が破れてしまい、出血したり詰まったりしてしまいます。

動脈硬化は恐ろしい病気といえるでしょう。しかし、これらはどのように進行していくのでしょうか?

もともと、血液中の悪玉コレステロール(LDL)は「LDL受容体」によって細胞内に取り込まれていきます。そして細胞の成分になったり、エネルギーとして使われていきます。しかし、このLDLが血液中に増えすぎてしまうとLDL受容体が細胞内にとりいれることができなくなってしまい、LDLが余ってしまいます。その余分なLDLは行き場を失ってしまうのですが、血管内膜の内皮細胞のすき間から内膜に入り込んでしまいます。そして、この内側に入り込んだLDLが活性酸素によって酸化されてしまい、「変性LDL」に変わってしまうのです。

この「変性LDL」は細胞の成分になったりエネルギーとして使われることができなくなってしまうのです。わたしたちのカラダにとっては異物となってしまったこの「変性LDL」をマクロファージがどんどん取り込んでいきます。これはマクロファージの食作用と言われるものです。しかし、この食作用に制限はなく、処理ができなくなってしまった変性LDLは溜まってしまうばかりです。
マクロファージも変性がおこり、過酸化脂質で膨れ上がった泡沫細胞へと変わっていきます。血管内膜でたまった膨れた泡沫細胞は内膜そのものを膨れさせてしまうのです。泡沫細胞はこうやってどんどん増え続け、血管の内膜の間はLDLや泡沫細胞、泡沫細胞の死骸でどろどろになっていくのです。血管の壁はボロボロになり柔らかさ・弾力も失い硬くなっていきます。このようにしてアテローム動脈硬化が起こり、心筋梗塞脳卒中を引き起こして行くのです。

ですので、動脈硬化になる原因であるLDL、そしてそのLDLを酸化、そして過酸化脂質へと変性させてしまう活性酸素がいかに恐ろしいかということがわかります。もちろん、血液中のLDLやHDLといったコレステロール中性脂肪の量を抑えることが大切です。これらの量が増えすぎてしまうと活性酸素のターゲットにされやすいわけです。

水素サプリメントの効果をしっかりと実感できる【水の素】

水素サプリメント 水の素

 

 

Dr.SAITO’S SELECT

 

TVや水素関連著書で広く活躍する水素研究のスペシャリストであり、世界的権威 太田成男博士 機能性医学の観点から水素治療に早くから着目、アンチエイジング臨床の草分け 斎藤糧三医師が監修。

 

水の素

60カプセル 水素サプリ 12,960円(税込)

たった1カプセルで飽和水素水1リットル分! 詳しくはコチラ

 

水素水を飲む負担から、あなたを解放します! ・持ち運び便利だから、飲み忘れなし!!

 

・カプセルだから飲みやすい!

・1袋で飽和水素水60リットル分!

・水素水とは違い、体内で水素ガスを発生させるので、効率よく水素を摂取できる! あなたの急な肌の衰えや体調不良、カラダのサビ(酸化)が原因です!

 

このような方におすすめです。

・カラダのサビ取りをしたあなた!

アンチエイジングで老化にストップをかけたいあなた!

・毎日カラダがダルい、なんとなく体調がすぐれないあなた!

・ダイエットしたいあなた!

・二日酔いでつらいあなた!

酸化したカラダの中から浄化してくれるのは “水素” だったんです!

 

Dr.SAITO’S SELECT

水素サプリメント水の素】について、詳しくはこちらから。

 

サビの原因、悪玉活性酸素(ヒドロキシラジカル)を疑いましょう!
悪玉活性酸素(ヒドロキシラジカル)が “悪玉” と呼ばれるのはなぜでしょう?

 

悪玉活性酸素は体内の細胞・ミトコンドリア・DNAまでを傷つけ弱らせます。傷ついたミトコンドリアの エネルギー生産力が落ちることで老化が早まってしまうのです。

悪玉活性酸素発生のメカニズム ミトコンドリアはエネルギーの発電所 活動エネルギーをつくるときに活性酸素・悪玉も一緒にできてしまう。

私たちのカラダは約38兆個の細胞から成り立っています。細胞内にはミトコンドリアという小器官があって、細胞全体の 10〜20%を占めています。

このミトコンドリアももっとも重要なのが、私たちが生きる上で、必要な「エネルギーを 創りだす工場の役割」です。

ミトコンドリアは食事から摂取した栄養と、呼吸から得られた酸素を使ってエネルギー を作り出しています。体内で生じる悪玉活性酸素の90%はエネルギーをつくるときに発生してしまうのです。

活性酸素には善玉活性酸素と悪玉活性酸素があり、善玉活性酸素は結構をよくするなど体に必要な活性酸素です。

一方、ミトコンドリアの活動から生じる酸化力が強い “悪玉活性酸素” が老化を早めたり、様々な病気の原因と なることが近年の研究で明らかになっています。

善玉活性酸素を残して、悪玉活性酸素だけを抗酸化してくれる物質・・・、

それが “水素”

私たちが水素を摂るのにサプリメントを選んだのには理由があります。

水の素を選ぶのがなぜいいのか・・・。

食べ物と水素を比較してみると

・食べ物:抗酸化力のある食べ物はたくさんありますが、同時に体に必要な善玉活性酸素まで抗酸化してしまいます。

・水素 :善玉活性酸素を残して、有害な悪玉活性酸素だけを選んで、無害な水に変えてくれます。

水素の取り入れ方を比較してみると

ペットボトル:小さな水素分子はペットボトルを簡単に通り抜けてしまいます。水素水を人でいるつもりが、ただの水だったなんてことも。

アルミ缶・アルミパウチ:アルミ缶やアルミパウチの水素水は開栓後から水素が抜けはじめます。時間をおかずに早めに飲みきりましょう。

水素水サーバー:水素水サーバーは電極の劣化で、水素発生量が低下していきます。

サプリ:胃で溶けるサプリメントタイプの水素は腸管の中で水素が発生するため水素が逃げる心配がありません。

 

水の素」は胃での水素の働きに注目し、胃で溶けない「腸溶解性のカプセル」は使用していません。

水素が胃腸で発生し、効率よく吸収できるよう設計されています。

水素サプリメントの効果をしっかりと実感できるのが【水の素】です。

 

水の素をもっと詳しく知りたい方はこちら Dr.SAITO’S SELECT

 

【PR】 薄毛でお悩みの方に朗報。50万本以上売れている秘密とは? 小林製薬 アロエ育毛液 http://tuhan117.link/aloe-set/

水素サプリで気になる体臭を抑える。

水素サプリで気になる体臭を抑える。

ニオイの原因を水素でシャットアウトする。水素サプリを有効に、そして効果的に摂取することで、そういったことも可能になる。

それでは、詳しく説明していきます。

 

 

 

一年中、気になるのが汗や臭い。

中でもとりわけ、臭いー体臭は気になります。カラダの表面、外側から抑えるようにするためにスプレーや塗りこむタイプのデオドラント剤が数多く発売されています。
しかし、どんなに表面にスプレーを振って臭いを抑えてところで、根本的な解決にはなりませんので、臭いはまた発生します。
最近では、選択に使われる柔軟剤にも変化があります。汗などの水分に柔軟剤に含まれる成分が反応することで、華やかな香りがでてくるのです。ということは、柔軟成分の他に、香りを発生する成分が衣類に残っているということになります。この残留成分が肌などに悪さをしなければいいのですが・・・

水素はとっても簡単です。水素を摂取することで【カラダの内側】からニオイのもとに働きかけることができるのです。水素の持つ「抗酸化力」がニオイの発生を抑えてくれるのです。

ニオイの原因は汗と思いがちですが、汗=体臭というわけではありません。汗そのものに匂いがあるということではないのです。
汗は、体温を調整するためにでます。カラダが高温になると汗腺から水分(汗)を出し、その水分を空気中に気化させることで、熱を蒸発させます。

エクリン腺という汗腺から汗は出てくるのですが、このエクリン腺から出る汗は最初から臭いがあるわけではありません。 時間の経過とともに汗が皮脂や垢と混ざり雑菌が繁殖することで、それが徐々に臭いを発生し、体臭となります。汗からくるニオイは汗をこまめに優しく拭き取ることでニオイを抑えることができます。

もう一つのニオイの原因は、いわゆる「加齢臭」からくるニオイです。

加齢臭【ノネナール】と呼ばれるニオイは、40歳を過ぎた頃から皮脂に含まれるようになる【9-ヘキサデセン酸】と、若いころに比べて増えてくる【過酸化脂質】が酸化することで発生します。

水素を摂ることで、この加齢臭(ノネナール)のもとになる二つの物質、【9-ヘキサデセン酸】と【過酸化脂質】の酸化を抑制できます。ニオイの原因を元から抑えることができるのです。

水素サプリメントはデオドラントケアとしての役割も担うことができるのです。

 

水素と幸福ホルモンーセロトニンの関係は?

 

セロトニンの分泌を自然に促すことでうつ症状が軽減できる可能性があるということはお話しました。体内から自然に分泌される成分で抑えることができるというのは非常にいいことですね。


それでは、セロトニンとは一体、どういった成分なのでしょうか?

セロトニンは私たち人間の精神面に大きな影響を与え、心身の安定や心の安らぎなどにも関与しています。ですので、『幸福ホルモン』とも呼ばれています。
セロトニンノルアドレナリンドーパミンが過剰に出過ぎることを抑えてくれて、心の均衡・バランスを整えてくれる伝達物質です。セロトニンの分泌が減少してしまいますと心のバランスが崩れてしまい、不安になったり、暴力的になったり、うつ症状・うつ病不眠症などの精神疾患を発症すると言うことになりうるのです。

 

ですので、うつ病の原因の一つとして考えられることとしてセロトニンの不足があげられるのです。このセロトニンが不足しているということは、セロトニンの原料になるトリプトファンの不足も考えられます。原料になっているトリプトファンサプリメントなどで補うことで、セロトニンの分泌量を増やすことができるかもしれません。ともすれば、うつ病を治すことができるかもしれないということになります。

 

これが、うつ病を軽減するセロトニンサプリメントの考え方になっています。

 

食生活の中で必須アミノ酸の摂取が少ない方はトリプトファンを補うサプリメントを摂取することで、セロトニンの量を増やすことを期待できるということでうつ症状の改善の可能性もあります。

しかし、サプリメントトリプトファンを単独摂取することは脳内へのトリプトファンの吸収効率を考えるとあまり良くないと言われています。ということは、食事での栄養や、食事のバランスを考える必要があるわけです。トリプトファンは炭水化物と一緒に摂取したほうが吸収効率が高いとも言われています。

 

水素の場合は、過度のストレスなどで脳内に発生した悪玉活性酸素であるヒドロキルシラジカルを直接取り除くことで、脳細胞の萎縮や神経細胞の栄養不足を防ぎます。

そもそも、うつの症状の原因の一つとして考えられるセロトニンの不足ですが、セロトニンが不足してしまう根本的な原因は食生活だけでなく、生活習慣の乱れ、仕事・学校などの生活環境などにストレスが無数に存在している事が可能性であるなど、さまざまな原因が考えられます。

ですので、根本的な原因を解消せずに、薬やサプリメントだけに頼るやり方では、うつ病を治すことはほぼ不可能です。
食生活、生活習慣、生活環境を見なおす必要があるわけです。生活習慣を変えていくことはなかなか容易ではありません。しかもストレスの原因を探すこと、根本を解決することは大変なことです。


しかし、水素を摂取することだけでストレスによって発生した悪玉活性酸素を常に取り除き続けることができます。とても簡単に取り除くことができるのです。水素で体内に起こるストレスを軽減できる可能性があり、細胞自体を守ることもできるのです。そうすることで、うつの症状自体をも軽減する可能性も秘めているのです。

 

活性酸素とうつ病〜水素で防ぐうつ病

 

 

うつ病の原因はなんでしょう・・・。 原因がだいぶ解決されてはじめているうつ病

うつ病はこころの病というイメージですが、実は脳の病気なのですー

私たち人間は強いストレスを感じると感情を司っている脳の器官である扁桃体が過剰に反応し、コルチゾルと呼ばれるストレスホルモンを大量に分泌します。このコルチゾルが分解される時に悪玉活性酸素であるヒドロキシルラジカルを大量に発生するのです。 この悪玉活性酸素であるヒドロキシルラジカルが脳内に運ばれると、脳の神経細胞の維持に必要な栄養素が減少し、脳細胞を萎縮させてしまいます。私たちのこころの安定に必要な脳内の神経伝達物質であるセロトニンの分泌が前頭葉でうまくいかなくなってしまいます。

うつ病の原因は脳内神経伝達物質の一つであるセロトニンの分泌不足と言われてきました。しかし、セロトニンが不足してしまう原因がわかっていなかったのです。セロトニンが不足してしまう原因は私たちが強いストレスを感じることで、扁桃体が過剰に反応し、悪玉活性酸素のヒドロキシルラジカルが大量に発生し、脳細胞を萎縮させてしまうことだったのです。

 

 

水素がうつ病に効果的!?

 

 

水素がうつ病に効果的な理由として、水素は脳内に過剰に発生した悪玉活性酸素であるヒドロキシルラジカルを除去してくれます。水素は悪玉活性酸素であるヒドロキシルラジカルを一瞬にして取り除くことで、その影響で脳の神経細胞の栄養が減少すること、脳が萎縮することを未然に防ぎます。

悪玉活性酸素であるヒドロキシルラジカルから脳を守ることで、脳の本来の機能を取り戻すことができます。 抗うつ薬に頼らなくても自然と脳内でセロトニンが分泌されるようになり、憂鬱な気持ちになったりうつな気分になりにくくなることも考えられるのです。

また、もし、うつ病の方が水素を摂取することでうつの症状が改善し、抗うつ薬を服用する必要がなくなれば、抗うつ薬の副作用に悩まされることもなくなるでしょう。

さらに、水素以外の抗酸化物質(代表的な抗酸化物質:ビタミンCやビタミンEポリフェノールなど)は血液脳関門を通過することはできません。ですので、脳内に発生した悪玉活性酸素を除去することはできないのです。

また、水素以外の抗酸化物質は体によい影響を与えてくれる善玉活性酸素をも体外に排出してしまいます。

水素は悪玉活性酸素とだけ結びつき、脳内の酸化を防ぐとことができるたった一つだけの存在なのです。

 

紫外線によるダメージを防ぐ水素

 

髪の毛のダメージの代表といえば、ドライヤーやカラリング、そしてパーマ。そして、気をつけているようで気をつけにくいもの、それが紫外線によるダメージ。しかも髪の毛の紫外線によるダメージは肌の約30倍と言われています。

 

水素サプリメントで、紫外線のダメージを防ぐ

 

そのダメージは、カラリングやパーマなど外的要因による髪の毛表面のキューティクルが剥がれてしまい、髪の表面がウロコ状になっていきます。かみの表面が剥がれ落ちていくと髪の毛の内部のタンパク質の変性が始まります。おもに髪の毛はケラチンと言うタンパク質でできているのですが、このケラチンの構造が崩壊してしまうと髪の毛は非常に弱くなっていきます。


水素サプリメントの効果活用として、


1)がん細胞に選択的な殺傷効果
2)赤血球の凝集・くぼみ消失・膜損傷の防御
3)脂質代謝の改善およびセルライト抑制
4)シワ・シミの抑制
5)頭髪キューティクルの防護

 

カラダの内部にしっかりと水素サプリメントは働きかけてくれますが、髪の毛のキューティクルも保護してくれるというスグレモノなのです。

 

紫外線などにより活性酸素ができるのですが、水素サプリメントはその活性酸素を抑制しますので、当然のように髪の表面の活性酸素をも抑えるわけです。

 

さらに、水素サプリメントにはメラニン抑制効果に関する研究データもでています。
ヒト色素細胞に紫外線A波照射して、マイクロクラスターの水素のメラニン抑制効果を検証したところ、無投与での272%に対して、マイクロクラスターの水素(フラナガン水素)投与では12.22%と、抑制効果に22倍の差が出るといった研究データも有るのです。