読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水素で抗酸化!水素でカラダを守る

水素について調べたことを詳しく書いていきます。

太田教授の研究する水素吸蔵マグネシウム

水素吸蔵マグネシウム水素サプリメントに使われている水素吸蔵体のひとつ。

 

水素の権威である日本医大太田教授が研究されている【水素吸蔵マグネシウム】ですが、いったい水素吸蔵体とはなんでしょうか?


水素吸蔵体は、その物質内部に“水素を抱き込んだ物質であり”、多くは「それが水と反応することによって内部の水素を放出する」というものです。

 

太田教授が研究されている水素吸蔵マグネシウムは高品質で安定的に大量に生産することできるようになったようです。その水素吸蔵マグネシウムは「マグ水素」と名付けられています。水素吸蔵マグネシウムは水と反応し、水素を発生します。

 

そもそも、マグネシウムというものは、私たちにとって必要なミネラル成分になります。マグネシウムはミネラルの王様といわれるくらい大切なミネラルであり、不足しやすいミネラルです。

太田教授はこの水素吸蔵マグネシウムを健康や美容、医療の現場への応用を考えられたようです。
水素吸蔵マグネシウムは、水がなければ非常に安定している成分です。水に触れることではじめて、水素を大量に発生します。今までの水素吸蔵体はとても不安定なものが多く、水素を維持しておくことが難しかったのです。

 

水素は体内に大量に摂っても全く毒性はなく、安全・安心・無害です。さらに、微粉末にすることができ、滑らかな化粧品に使うこともできます。水素吸蔵マグネシウムは、形状をかえることによって、ゆっくり水素を発生させたり、すぐに水素を発生させることもできるようです。

 

太田教授の研究されている水素吸蔵マグネシウムは、実際に多くのクリニックで取り入れられています。藤原紀香さんが飲んでいることで、一躍有名になった水素サプリメントですが、彼女もクリニックで処方してもらっているようです。

 

実際に太田教授が開発に携わっている水素サプリメントは水素が大量に発生すると言われていて、数多くのエビデンスデータに基づいて作られています。

 

太田教授が作られている水素吸蔵マグネシウム

・桁違いに水素の吸蔵量が多い
・大量に採っても体内に無害

と、とても優れている水素吸蔵体なのです。

 

Dr.SAITO’S SELECT