読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水素で抗酸化!水素でカラダを守る

水素について調べたことを詳しく書いていきます。

水素は脳へのダメージを予防、軽減する!?

 

  活性酸素は脳の細胞に思わぬダメージを与えてしまう。

本当に疲れ切っている時、何かをやろうとしたり、考えようとしても集中することができずに、頭が考える事自体を拒否または拒絶してしまいます。 逆を言えば、朝起きてすぐに勉強や考え事をすると、とても頭が冴えて、勉強や考え事に集中できると思います。

頭が冴えているという感覚こそ、脳内に活性酸素が全然たまってない状態で、起きたばかりの朝に見られる脳のとてもいい状態なのです。 夜遅く疲れきっているときには脳の中は活性酸素がかなりたまった状態になっています。

例えば、一日経つと目が非常に疲れた状態になります。これを水素でも改善することができるのです。水素は抗酸化作用がとても高いので、眼球付近の筋肉などの周囲に溜まった活性酸素を除去する力が強く、目の疲れもとても取れやすくなります。

疲れ目の改善効果もある水素

水素はカラダ全体の細胞に行き届くため、眼球の周りの筋肉に溜まった活性酸素の除去をすることができます。 それで水素で目がすっきりして見えやすくなったという人はとてもたくさんいるのです。

特に毎日のように一日中PCに向かったり、デスクワークをしたり、太陽の光に目をさらされている人などは、目の周りの筋肉が疲労することで活性酸素は増るので、目を酷使している人ほど、水素の効果を感じやすくなります。

脳細胞に活性酸素がたまってしまうと、いわゆる“脳の冴え”というものがなくなってしまいます。 疲れきった脳でも一晩寝て元に戻るくらいであればまだまだ問題はないでしょう。 しかし、年齢を重ねていくとともに脳の回復力も低下していき、回復できないまま次の日を迎えてしまうので、脳細胞そのものにダメージを与えてしまう物質である、活性酸素がどんどん脳内に溜まっていくようになってしまいます。

そのような状態が長年続いてしまうと、いわゆるアルツハイマーパーキンソン病、記憶力の低下などの原因につながってしまいます。 ここ最近問題となっている老人性痴呆症活性酸素が原因として考えられているのです。

水素で予防できる!?アルツハイマー認知症?!

現在ではそういった症状が若い年代にもでてしまうということが大変危惧されています。 体に多大なストレスを抱えやすい現代社会では、活性酸素が発生しやすく、そういった症状を引き起こしてしまう脳細胞の破壊を起こさせる大きな原因として問題視されているのです。 このように溜まりやすい活性酸素を抗酸化作用の高い水素を毎日摂取することによって体内に活性酸素がたまりにくくなっていきます。 摂り続けることで体内のいろいろな細胞にダメージを与えてしまう活性酸素をしっかりと除去してくれるので、脳への影響による記憶力の低下くらいならいち早く改善をみることもできるようになります。 すでにダメージを受けてしまった脳細胞を元に戻すことはできないわけですが、これから生きていく中で活性酸素でダメージをなるべく受けないようにすることがとても大切になってきます。

水素で活性酸素をコントロール

最近医療の分野では、水素が進行形のアルツハイマーなどの進行を抑えたり、遅くしたりすることができるという研究も行われています。 脳内にある海馬のシミが活性酸素のダメージによってこういった脳障害が起こると言われていて、それが記憶力低下の大きな原因のひとつになっているということです。

この脳内の海馬を酸化させることによって脳障害がいろいろ起こるとも言われているので、酸化を防ぐために脳内の活性酸素の量を減らすということが本当に大切になります。 また、まだ正常な脳である人でも、そのような状態にならないためにあらかじめ水素をしっかりと摂り、脳内の活性酸素を減らし、活性酸素で細胞が傷つかないようにしていくといいでしょう。