読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水素で抗酸化!水素でカラダを守る

水素について調べたことを詳しく書いていきます。

水素は赤ちゃんにもやさしい

 

赤ちゃんが生まれてきて気になること。毎日元気の育ってくれること。 発疹やアトピー、アレルギーなど出てはほしくない症状の数々。

 

もし赤ちゃんにアトピー性皮膚炎が出てしまったら・・・。

 

間違いなく、皮膚科にお世話になることと思います。診察してもらい、先生が出してくださったお薬を塗ってあげる。皮膚科の先生方を否定するつもりは全くありませんが、症状に合わせてステロイドのお薬を優しいものから順番に出してくれるでしょう。

しかし、これだけステロイドについては色々なことが言われている現代です。できれば、やっぱりステロイドなどは使いたくありません。ステロイドを使わなくてもいい方法があるのであれば、それを検討してみる余地はあるというものです。

 

そこで、水素の出番です。

 

水素は副作用もなく、無害です。赤ちゃんにも安心して使えるのです。 赤ちゃんが母乳をしっかり飲んでいる場合は、水分を与えるときに水素水を飲ませるようにしましょう。 もちろん母乳を出しているお母さんはしっかりと水素水を飲んでおき、自分の体を内側からしっかりとキレイにしておくようにしましょう。

また赤ちゃんの沐浴などにはしっかりと水素水を使ってあげて、沐浴を行いましょう。 アトピーなどのアレルギー症状は基本的には体の内側から改善することが中心でとても大切なことですが、体の外側からのアプローチも心がけましょう。

 

皮膚からの直接、水素が浸透をすることで痒みなどの症状を抑えることができるのです。 体の内側と外側からしっかり水素を使うようにしていきましょう。 赤ちゃんのアトピーの原因は様々、いくつか考えられるのですが、例えば、ミルクだったり、お部屋の中のハウスダストだったり、空気中の花粉だったりします。 もちろんその直接的な原因になるアレルゲンを減らすことが大切ですが、原因がはっきりするまでに時間もかかり、なかなかうなくいかないものです。

 

やはり体の中からしっかりとアレルギー体質を改善するようにしてあげるといいでしょう。水素水のしっかりとした摂取、お風呂などの外からの直接の皮膚への浸透の両法方向から毒素の緩和をしてあげましょう。 赤ちゃんだからこそ早い段階から水素水を使ってあげるようにしましょう。