読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水素で抗酸化!水素でカラダを守る

水素について調べたことを詳しく書いていきます。

水素で活性酸素を取り除くことの重要性とは?

水素の効果・効能は本当にいろいろあります。
例えば、成人病や高血圧の改善にも高い効果がみられるのです。 高血圧というと現代病として今も多くの人が悩んでいるというのが現実です。

【成人病】とは脳卒中、ガン、心臓病などの病気のように40歳前後から急激に死亡率が高くなり、しかも全死因の中でも上位を独占しています。働き盛りの40歳から60歳に多い病気の事を指しています。

現在では、その原因の多くが患者の生活習慣に根ざしたさまざまな事が要因としてあることから、生活習慣病と呼ばれています。いわゆる成人病の多くは食生活、生活の中に運動が取り入れられているか、喫煙や飲酒の習慣、休日・休息・休養のとり方と言った生活全般から、生活習慣が原因として発症すると考えられています。

高血圧は偏った食事、喫煙、飲酒と生活習慣の乱れが原因で起こってしまいます。 性別で言うと、男性は30代からだんだんと増えていき、女性は女性ホルモンのバランスが崩れ始める関係で50代から急増していきます。
女性ホルモンの中のエストロゲンが多い更年期にはいる前までは、エストロゲンコレステロールなどを抑えてくれているのですが、 更年期になることで急激にエストロゲンが減少してしまうために、そのくらいの年代から女性は急に成人病の危険にさらされてしまいます。 数値的には上(収縮期血圧)が140㎜Hg、下(拡張期血圧)が90㎜Hgになると高血圧というふうに判断されます。

生活習慣、喫煙、飲酒などはすべて活性酸素をたくさん増やす原因になり、乱れた生活習慣を続けていると活性酸素が大量に身体に溜まっていくことになります。 その大量に増えた活性酸素コレステロール中性脂肪といった脂質が酸化して過酸化脂質へとなるわけです。
過酸化脂質は、悪玉コレステロールと言われています。過剰に過酸化脂質がふえてしまうと肌の老化からアルツハイマー病やガンまで、身体への影響はきわめて大きいと言われています。血管内に付着しこびりつくと血液の流れが抑えられていき、血液中に入ると血液がドロドロになり、血管内に留まると動脈硬化心筋梗塞脳卒中の原因になります。 血圧を高くなってしまう原因にもなるわけです。高脂血症なども活性酸素が溜まってしまったためといえるのです。

皮脂が酸化してできた過酸化脂質アトピー性皮膚炎、シミやソバカス、かぶれの原因になります。他にも過剰なストレスによっても活性酸素が大量に発生し、血圧だけでなく細胞にダメージを与えてしまいますとガンの発症の原因にもなります。

活性酸素はすべてこのような重大疾患に大きく影響しているのです。自分自身の悪い生活習慣によって活性酸素を異常発生させるのは自業自得とも言えるので、注意しましょう。

以前から活性酸素を抑える役割を持つ抗酸化物質を摂取することが大切とは言われていましたが、活性酸素を除去するのは水素が1番なのです。ですから、その活性酸素を体内から除去することができればいろいろな病気の予防ができるようになるのです。水素サプリメントや水素水を摂取することは病気の予防にもとても大切なのです。

とはいっても、毎日の生活をきちんと行うことも実際には大変大事なことです。 規則正しい生活、栄養のバランスのとれた食事を3食摂ることも心がけるようにしましょう。