読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水素で抗酸化!水素でカラダを守る

水素について調べたことを詳しく書いていきます。

シミの原因は、活性酸素を作り出してしまう肌?!

肌は活性酸素を作り出す場所になってしまう・・・

 

陽射の強弱にかかわらず、外に出ている時に皮膚は紫外線を浴びてしまいます。紫外線を浴びると酸素を一重項酸素という活性酸素に変えてしまうのです。この活性酸素の酸化力もとても強く、メラニンを生成する「メラニン細胞」を刺激し、その結果、メラニンの産生量が増えてしまいます。これがいわゆるシミ原因になっているのです。

メラニンは私たちを紫外線から守る役目をしているのです。ですので、紫外線を浴びた肌はメラニンを生成し、肌を守ろうとするのです。しかし、このメラニンの生成が全体的ではなく、一部で増えすぎたりするとシミの原因となってしまうのです。白い肌・美肌を理想とする女性にとってこの「シミ」は余計なものにすぎないのです。

紫外線によって増えた活性酸素メラニンの生成を促してしまいますが、その状態が続くと紫外線を浴びていない時にでもメラニン細胞が働き、メラニンをどんどん増やし続けてしまう・・・、シミが増え続けてしまいます。

水素サプリメントや水素水を摂ることで、この活性酸素を抑制することができるので、シミを作る原因をカットできる可能性があるのです。

 

 

肌のハリも失う・・・


この紫外線によって作られ、増えてしまった活性酸素・一重項酸素は肌の細胞を作っている線維芽細胞にまでもダメージを与えてしまうのです。線維芽細胞は、私たちの肌のハリや弾力のもととなるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作り出す細胞です。線維芽細胞が活発に働いている間はコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の新陳代謝がスムーズに行われ、ハリと弾力のあるみずみずしい肌が保たれているのです。

ですので、この活性酸素のダメージにより、線維芽細胞が衰えて働かなくなってしまうと、新陳代謝も鈍ってしまい、コラーゲンやエラスチンが作られなくなります。コラーゲンにはビタミンCが必要で、このビタミンCが活性酸素を消す方に使われてしまうとコラーゲンにまでいき渡らなくなります。肌はハリや弾力を失い、更には、ヒアルロン酸が失われることで水分が減少し、みずみずしさも失われていきます。その結果、皮膚のシワやタルミの原因になってしまうのです。

水素水を肌に直接つけることで、水素は一瞬で内部まで染みこんでいきますので、活性酸素を抑えるには効果的な使い方の一つになります。