読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水素で抗酸化!水素でカラダを守る

水素について調べたことを詳しく書いていきます。

活性酸素とうつ病〜水素で防ぐうつ病

 

 

うつ病の原因はなんでしょう・・・。 原因がだいぶ解決されてはじめているうつ病

うつ病はこころの病というイメージですが、実は脳の病気なのですー

私たち人間は強いストレスを感じると感情を司っている脳の器官である扁桃体が過剰に反応し、コルチゾルと呼ばれるストレスホルモンを大量に分泌します。このコルチゾルが分解される時に悪玉活性酸素であるヒドロキシルラジカルを大量に発生するのです。 この悪玉活性酸素であるヒドロキシルラジカルが脳内に運ばれると、脳の神経細胞の維持に必要な栄養素が減少し、脳細胞を萎縮させてしまいます。私たちのこころの安定に必要な脳内の神経伝達物質であるセロトニンの分泌が前頭葉でうまくいかなくなってしまいます。

うつ病の原因は脳内神経伝達物質の一つであるセロトニンの分泌不足と言われてきました。しかし、セロトニンが不足してしまう原因がわかっていなかったのです。セロトニンが不足してしまう原因は私たちが強いストレスを感じることで、扁桃体が過剰に反応し、悪玉活性酸素のヒドロキシルラジカルが大量に発生し、脳細胞を萎縮させてしまうことだったのです。

 

 

水素がうつ病に効果的!?

 

 

水素がうつ病に効果的な理由として、水素は脳内に過剰に発生した悪玉活性酸素であるヒドロキシルラジカルを除去してくれます。水素は悪玉活性酸素であるヒドロキシルラジカルを一瞬にして取り除くことで、その影響で脳の神経細胞の栄養が減少すること、脳が萎縮することを未然に防ぎます。

悪玉活性酸素であるヒドロキシルラジカルから脳を守ることで、脳の本来の機能を取り戻すことができます。 抗うつ薬に頼らなくても自然と脳内でセロトニンが分泌されるようになり、憂鬱な気持ちになったりうつな気分になりにくくなることも考えられるのです。

また、もし、うつ病の方が水素を摂取することでうつの症状が改善し、抗うつ薬を服用する必要がなくなれば、抗うつ薬の副作用に悩まされることもなくなるでしょう。

さらに、水素以外の抗酸化物質(代表的な抗酸化物質:ビタミンCやビタミンEポリフェノールなど)は血液脳関門を通過することはできません。ですので、脳内に発生した悪玉活性酸素を除去することはできないのです。

また、水素以外の抗酸化物質は体によい影響を与えてくれる善玉活性酸素をも体外に排出してしまいます。

水素は悪玉活性酸素とだけ結びつき、脳内の酸化を防ぐとことができるたった一つだけの存在なのです。