読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水素で抗酸化!水素でカラダを守る

水素について調べたことを詳しく書いていきます。

水素と幸福ホルモンーセロトニンの関係は?

 

セロトニンの分泌を自然に促すことでうつ症状が軽減できる可能性があるということはお話しました。体内から自然に分泌される成分で抑えることができるというのは非常にいいことですね。


それでは、セロトニンとは一体、どういった成分なのでしょうか?

セロトニンは私たち人間の精神面に大きな影響を与え、心身の安定や心の安らぎなどにも関与しています。ですので、『幸福ホルモン』とも呼ばれています。
セロトニンノルアドレナリンドーパミンが過剰に出過ぎることを抑えてくれて、心の均衡・バランスを整えてくれる伝達物質です。セロトニンの分泌が減少してしまいますと心のバランスが崩れてしまい、不安になったり、暴力的になったり、うつ症状・うつ病不眠症などの精神疾患を発症すると言うことになりうるのです。

 

ですので、うつ病の原因の一つとして考えられることとしてセロトニンの不足があげられるのです。このセロトニンが不足しているということは、セロトニンの原料になるトリプトファンの不足も考えられます。原料になっているトリプトファンサプリメントなどで補うことで、セロトニンの分泌量を増やすことができるかもしれません。ともすれば、うつ病を治すことができるかもしれないということになります。

 

これが、うつ病を軽減するセロトニンサプリメントの考え方になっています。

 

食生活の中で必須アミノ酸の摂取が少ない方はトリプトファンを補うサプリメントを摂取することで、セロトニンの量を増やすことを期待できるということでうつ症状の改善の可能性もあります。

しかし、サプリメントトリプトファンを単独摂取することは脳内へのトリプトファンの吸収効率を考えるとあまり良くないと言われています。ということは、食事での栄養や、食事のバランスを考える必要があるわけです。トリプトファンは炭水化物と一緒に摂取したほうが吸収効率が高いとも言われています。

 

水素の場合は、過度のストレスなどで脳内に発生した悪玉活性酸素であるヒドロキルシラジカルを直接取り除くことで、脳細胞の萎縮や神経細胞の栄養不足を防ぎます。

そもそも、うつの症状の原因の一つとして考えられるセロトニンの不足ですが、セロトニンが不足してしまう根本的な原因は食生活だけでなく、生活習慣の乱れ、仕事・学校などの生活環境などにストレスが無数に存在している事が可能性であるなど、さまざまな原因が考えられます。

ですので、根本的な原因を解消せずに、薬やサプリメントだけに頼るやり方では、うつ病を治すことはほぼ不可能です。
食生活、生活習慣、生活環境を見なおす必要があるわけです。生活習慣を変えていくことはなかなか容易ではありません。しかもストレスの原因を探すこと、根本を解決することは大変なことです。


しかし、水素を摂取することだけでストレスによって発生した悪玉活性酸素を常に取り除き続けることができます。とても簡単に取り除くことができるのです。水素で体内に起こるストレスを軽減できる可能性があり、細胞自体を守ることもできるのです。そうすることで、うつの症状自体をも軽減する可能性も秘めているのです。