読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水素で抗酸化!水素でカラダを守る

水素について調べたことを詳しく書いていきます。

活性酸素でカラダが錆びないように水素で活性酸素を抑える

なぜ、活性酸素が増えてしまいトラブルが起こるのでしょうか?

日常の生活の中で受けるストレスや激しい運動(運動しすぎることは活性酸素を増やします)、生活習慣(喫煙、睡眠不足、食生活の乱れなど)や加齢などが原因となります。ちなみに、ストレスは外的刺激の種類から物理的ストレス(寒冷、騒音、放射線など)、化学的ストレス(酸素、薬物など)、生物的ストレス(炎症、感染)、心理的ストレス(怒り、不安など)にわけられます。しかも、この負荷は細胞にもかかるのです。

身体的ストレス

・物理的ストレス…寒暖の変化、気圧の変化、風雨、自然災害など

・環境的ストレス…騒音、混雑、明るすぎるなど

・化学的ストレス…空気汚染、酸素の欠乏・過剰、薬品、酒、タバコ、食品添加物など

・生物的ストレス…細菌、ウイルス、害虫、花粉など

精神的ストレス

・社会的ストレス…人間関係のトラブル、家庭や仕事の問題、経済的な変化など

心理的ストレス…不安、緊張、恐怖、怒り、焦り、寂しさ、挫折など

私たちが生きていく中で、あらゆるものがストレスです。このようなことから、私たちのカラダには様々なトラブルが起こっていくのです。

 

 

 

水素は次のような方にオススメであり、効果的なのです。

・ストレスを抱えている方

・疲れやすい方

・激しい運動をする方

サプリメントの体感が薄れたと感じる方

・老いを感じる方

上記のような悩みのある方には水素はぴったりです。
ストレスを感じている間にはかなりの量の活性酸素が出ています。しかも、その出来た活性酸素はカラダの様々な場所で悪さをします。人前で話したり、極度の緊張がある場所、大事な商談や定期テストや入試など、人間社会は年令に関係なく、様々なそして複雑なストレスを抱えて生きていく社会です。原因となる活性酸素を取り除いていくことで、カラダはとても楽になるのです。

このように、副作用がなく、安全に病気の予防ができるので、根本的な治療としての取り組みもされています。
実際に水素を治療に活用し始めている病院もあります。

・辻クリニック 辻直樹院長

水素の特性(水素の特性を活かした治療)というのは、圧倒的に強い抗酸化作用・抗炎症作用・抗アレルギー作用であり、その水素の特性を利用した治療をやっている。
水素療法・水に水素を溶かした水素点滴をつかい、患部または全身に水素を行き渡らせる。動脈硬化心筋梗塞脳梗塞パーキンソン病・リウマチ・膠原病・糖尿病や肝炎にも効果があることがわかってきている。

実際に臨床上の効果も出しており、水素を含んだ内服薬や水素をオイルに溶かしこんだ外用薬(塗り薬)もある。
外用薬であれば、小児に多いアトピー性皮膚炎であったり、もっと言えば、老化によるシミ・シワ・たるみといったレベルにまで使うことができる。水素を溶かし込んだ外用薬は肌の中の水分と反応することで、14〜5時間ほど水素が発生し続けるため、内部で生まれた活性酸素を除去してくれます。
水素と医療の関係は今後もいい方向に進んでいくのではないのでしょうか。論文ベースでは、あらゆる病気の根本に働きかけ、あらゆる病気に効果があると言われている。メリットは副作用が全くないというところ、今後は治療法、予防法として広まっていくと考えられている。

水素で健康維持をしていきましょう。

おさらいになりますが、過剰に増えた活性酸素はカラダにダメージを与えます。ストレスや紫外線、喫煙・飲酒などの生活習慣により、過剰に増えてしまった活性酸素は、古くなった細胞だけでなく、新しく出来た細胞まで攻撃してしまい分解してしまうのです。
この活性酸素による細胞の分解が、年齢に関係なく内臓器官、肌をはじめ、あらゆる細胞のエイジングスピードを速めてしまう原因と言われている「酸化(さびること)」です。
毎日の生活に水素を取り入れることによって、エイジングケアができます。 私たちのカラダにはもともと、SOD(スーパーオキシドジスムターゼ)と呼ばれる細胞内に発生した活性酸素を分解する酵素が備わり、 過剰に増えた活性酸素を除去してくれています。 しかし、年齢とともにこのSOD(スーパーオキシドジスムターゼ)は減少していきますので、 残念なことにカラダの中にある活性酸素を除去する機能は35歳前後で衰え始めていきます。 この35歳前後をさかいに過剰に活性酸素が発生しやすくなり、カラダにダメージを与えやすくなってしまいます。
そういった意味でも、水素を毎日摂ることが健康維持にもつながっていくのです。